FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月







                                   2008.05.15 (Thu)

H20学校評価自己評価表 

平成20年度神石中学校学校評価自己評価表
※PDFはここをクリックして下さい。
領域 中期経営目標 年度達成目標(求める姿) 達成目標に
対する評価
評価のためのデータ 担当者 目標達成のための計画(努力目標) プロセス
評価
確かな学力の定着・向上 学ぶ意欲の向上  生徒が意欲的に取組む授業のための指導と評価の改善を図る  全ての教科で「学びのサイクル」を活用した授業が行われ,生徒の70%以上が授業に満足している。 生徒アンケート結果
教師による授業相互評価結果
研究主任 教務  「学びのサイクル」を活用したモデル授業を行い,全教職員に「学びのサイクル」の浸透を図る。
 講師を招聘しての校内授業研究(各教科1回以上),相互授業参観週間(6月,10月)を企画・実施し,課題と改善策を整理する。
 毎学期末に生徒に対してアンケート及びグループインタビューを実施し,分析を行い,次学期に改善を図る。
教科   「学びのサイクル」を活用した授業実践を行う。
 学期ごとに,改善策を整理し,生徒に改善ポイントを伝え,授業実践に活かす。
基礎基本の徹底と確かな学力の伸長  少人数の特性を活かし,個別ガイダンスの充実を図り,学力の向上を図る  CRT標準学力検査において,各学年で次の目標を達成する。
 1年生…全ての教科で,全国平均同等とする。
 2年生…全ての教科で全国平均を上回る
 3年生…5教科平均で,全国比+5ポイント以上とする。
CRT標準学力検査結果
教職員へのアンケート
研究主任 教務  全国学力調査,広島県基礎・基本定着状況調査,平成19年度末CRT標準学力検査結果に基づき策定した改善計画に基づいた授業実践を行う。
 問題解決型の授業提案を校内研修として企画する。
担任
教科
 家庭学習の仕方,学習方法などの個別ガイダンスを学級担任及び,教科担任が行う。
教科  課題の出し方を工夫すると共に,補充学習などを実施する。
豊かに表現する力の向上  論理的思考力,豊かな表現力の育成を図る  80%以上の生徒が,自分の考えを文章(言葉)にして表現することができる。 生徒アンケート結果
生徒の作品
ことばの教育担当 教務  言語技術習得のための校内研修を計画的に実施する。
 校内授業研究を通して発問の工夫を図る。
教科
担任
 教科,総合的な学習の時間,生徒朝会を活用して表現活動の場を設定する。
 「ことばの教育」に掛かる作品公募に積極的に応募するとともに,優秀な意見文や小論文の表彰を行う。
豊かな心と主体的に活動する生徒の育成 心の教育の充実  自分と仲間を大切にする「心の教育」の推進を図る  80%以上の生徒が,校風六訓を意識した学校生活を送り,その実践ができている。 生徒アンケート結果
保護者アンケート結果
教職員へのアンケート
生徒指導主事 生徒指導部  生徒会を中心に「校風六訓」に取組ませ,その浸透を図る。
生徒指導部
担任
 道徳の時間の充実を図ることにより,公共の福祉と社会の発展に努める態度を育成し,積極的にボランティア活動に参加する生徒を育成する。
教科
担任
 望ましい職業観,勤労観を育むため,全教科・全領域で計画的なキャリア教育を行う。
生徒指導の充実  生徒理解に努め信頼関係を深めるとともに,積極的な生徒指導を進める  全校生徒が三点が固定化(起床・就寝・学習開始時刻)された生活を送っている。 生徒アンケート結果
保護者アンケート結果
教職員へのアンケート
生徒指導主事 生徒指導部
学級
 生活ノートや生活状況調査により,生徒の生活状況を把握し,個に応じた生活指導をする。
保健部  心の健康相談や安全点検を定期的に実施する。
担任  学級担任による計画的な相談活動を実施する。
たくましい体力つくり  生活習慣を見直し,健康な体をつくる  全校生徒が自主的に健康づくりに取組んでいる。 生徒アンケート結果
保護者アンケート結果
教職員へのアンケート
保健主事 保健部  食に関する研修会を保護者とともに行う。
体育科  体育の授業を工夫をするとともに,生徒が自主的に体力つくりトレーニングができるようガイダンス機能を高める。
部活顧問  生徒全員が目標を持って部活動に取組むことができるよう,各部顧問が責任を持って指導にあたる。
信頼される学校づくり 自主・自律的な学校運営  学校評価システムを核とした学校経営を推進する  全教職員が学校経営参画意識を高めている。 企画委員会開催実績
教職員へのアンケート
教務主任 教務  定期的に企画委員会を開催し,教育計画の進捗状況を常に点検,評価しながら改善を図る。
各分掌  全教職員がチームとして学校評価に取組み,教育の質の向上を図る。
開かれた学校づくり  情報発信が適切に行われ,アカウンタビリティが達成されている  学校だよりやHPでの情報発信がタイムリーに行われている。 学校だより,校長室だより発行数
授業実績
保護者アンケート
教務主任 情報担当  学校行事,日常の学校生活の様子を計画的に学校だより「輝き」,「校長室だより」やHPに掲載する。
全領域  地域の教育財産(人・物)を活用した授業実践を行う。
教職員の資質向上  全教職員が自己の資質能力を高めるため研究と修養に努める  教職員の90%以上が,研修の成果を日々の教育活動に還元している。 管理職による評価結果
教職員アンケート
教務主任 教務  人材育成計画が機能し,研修の成果を日々の教育活動に還元している。
全員  学校経営目標と自己申告書の連鎖を図り,常に自己課題を意識した教育実践に努める
EDIT  |  10:29  |  学校評価_08  |  Top↑