2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月







                                   2010.01.07 (Thu)

3学期の初めにあたり 

 私ごとで恐縮ですが,昨年の終盤はあちらこちらの病院と仲良くさせていただき,改めて健康でいることのありがたさを感じました。同時に,自分自身が健康管理に責任を持つことの大切さを強く感じた年末でもありました。
 さて,いよいよ3学期がスタートしました。『一年の計は元旦にあり』とか申しますが,皆さんはどのような決意をされたでしょうか。私は生徒の皆さんに次の二点を心してほしいと願っています。
 まず第一は,自分自身ときっちりと向かい合ってほしい ということです。
人は何事も調子がいい時は自分がちゃんとしているからだ,自分が 自分が と自分のことをほめそやします。また,周りにいる人も調子を合わせて自分のことを持ち上げてくれます。しかし,一旦事が起こると周囲の人はみな自分から離れていってしまったり,いままで仲良くしていたような人もほかの人と一緒になって悪口を言う側に回ってしまったりしてしまいがちです。
 そんな時,私たちはついつい自分がこうなったのはあいつが悪いからだ,あいつがちゃんとしてくれなかったからだ,などと責任を他の人に転嫁してしまいがちです。人に責任を負わせるのは実にたやすいことですし,落ち込んでいる自分を納得させたり安心したりするのには実に都合がいいことです。でも,そうすることでは本当の解決にはなりません。起きてしまったことには自分がキチンと向かい合わなければ本当の解決にはなりませんし,何より自分自身のこととして解決しないことには次のステップもうまくいくはずがありません。中学生の皆さんには少し厳しいかもしれませんが,自分が原因 というところから出発してみましょう。「失敗してしまった。では,どうすればよかったのか・・」「こんどはこうしてみよう・・」「こんな風なやりかたもあるかな・・」と,新しい発想で,しかも自分を悪く言ったり離れていった人たちのことを『怨まない・憎まない』といった囚われない気持ちで次へのステップを踏んでほしいと思っています。
 第二は,しっかり勉強してほしい ということです。中学生の時期,自分で辞書を引きながら勉強すること,難しい問題をとことん考えて「ここまでは分かったけど・・・」と,次の日に学校で先生に自分の考えたことやそこから先のヒントをもらってさらに考えて問題を解くことができた時,『やったー!』と叫んでしまいたいくらい,勉強って本当に楽しいなと思える瞬間です。自分で勉強し考える人になること。中学時代にしっかりその基礎を築いてほしいと思います。
皆さん,決して損はさせません。だまされたと思って教科書を読み,問題を解き,覚え,そして考え,自分の意見を発表しましょう。皆さんの中学3年間は,あなたの人生を左右するくらいとても大切な時期なのですから。
EDIT  |  09:00  |  学校長より09  |  Top↑

                                   2009.12.30 (Wed)

2学期終業式の日に・・・ 

光陰矢の如し といわれるように平成21年の365日が残すところ7日となり,今日は2学期の終業式となりました。
振り返ってみれば,この1年間は皆さんにとってもたくさんの出来事があった年だと思います。
1年生の皆さんには,小学校から中学校へと進学するという,大人への第一歩ともいうべき大きな変化がありました。2年生の皆さんには,先輩といわれる立場になったうれしさや沖縄への修学旅行が楽しみな年だったかもしれません。3年生の皆さんには,生徒会執行部を運営する最高学年としての責任と自覚がふつふつとわいてきた年でもあったことでしょう。
ともあれ,みなさんが「よし,新しい気持ちで頑張るぞ!」と,決意した年の初めでした。そうしたみなさんに今年私が訴えたことは「しっかり勉強しましょう。そして先生ときっちり向かい合ってください。」ということでした。テストの点数が悪かったら,それは自分の勉強の仕方が悪かったのか,先生の教え方が悪かったのか勝負してほしいということを言ってきました。2学期が終わる今日,生徒の皆さん,そして私たち教職員も,自分自身に問うてみて,来る3学期への足掛かりとしていきたいものです。
さて,私たちは,たとえて言えば『球』のようなものだ,ということを入学式にお話ししました。いろいろな面を持っている『球』です。得意な分野もあれば不得意な分野もある。几帳面さもあれば投げやりな面もあることでしょう。そうした沢山ある面の中のある際立った面を他の人が認識したとき,「あの子は○○な子だ」と,決めつけた見方をされてしまいます。
しかし,中学時代というのは,子どもから大人に成長する時期であり,学校という小さな社会で様々なことを経験し学び育つ場です。いろいろな失敗があって当たり前なのです。皆さんはこの神石中学校で学ぶ同窓生として,友達が何か失敗したり,よくない面で目立っているとき,決めつけた見方をするのではなく,その友達がよりよい次へのステップを目指す時の支援をする人,援助する人になってほしいと思います。一方,自分の1年を振り返って,「迷惑をかけたな」「いけなかったな」ということに思い当たる人は,まず,きちんとそのことと向き合い自分自身のあり様を修正していくこと,修正しようと努力する人になることが大切でしょう。投げやりになったり,開き直ったりするのは自分自身で将来の自分の人生を放棄するのと同じことです。中学生時代は様々な失敗を繰り返しながら育っていく時期です。皆さん一人ひとりの人生は等しく明るく照らしています。決して自分で自分の人生の光を奪うようなことをしてはなりません。
この1年間,自分の失敗に心当たりがある人はあと7日間のうちにけじめをつけて,来る寅年(平成22年,2010年)を迎えましょう。
1月7日の始業式には,全員がすがすがしい表情で,気持ちも新たに出会えることを願っています。

 病気やけがをしないように気をつけてこの冬休みを過ごしましょう。

 ― 平成21年度2学期 終業式式辞より ―

EDIT  |  17:28  |  学校長より09  |  Top↑

                                   2009.09.07 (Mon)

人権作文への取組から 心豊かな生徒の育成をめざして 

 標記の題で寄稿しました,学校長の文が 広島県人権擁護委員連合会広報専門部会 発行の「じんけん広島」№58に掲載されましたので,紹介します。

j2.jpg

※画像をクリックするとPDFがご覧になれます。

EDIT  |  18:45  |  学校長より09  |  Top↑

                                   2009.05.06 (Wed)

本年度のPRシートです 

※画像をクリックしていただくとPDFファイルがご覧になれます。

 

h21pr.jpg


EDIT  |  08:15  |  学校長より09  |  Top↑

                                   2009.04.01 (Wed)

新年度を迎えて 

新年度を迎えて

4月1日                                         学校長 渡邉 稔惠

 今朝の神石は,みぞれ交じりに雨が降る朝でした。雨は,私たちを冷たく,寒く,うっとおしく憂鬱な気分に引き込みますが,しかし,天地に恵みをもたらし,生きとし生けるものに生命の火種をつけもします。そんなふうに考えてみますと今日が,平成21年度の始まりの日だということがとてもうれしい気分になってきました。
 本年度,本校は4名の新しい職員が異動してまいります。本校の教育目標であります『確かな学力を身につけた,心豊かなたくましい生徒の育成』の達成をめざして,全教職員一丸となって教育推進に邁進してまいります。
 特に本年度は『深めると広がる』ということを心におき,今までとは少し違う,新たなことに挑戦したり,工夫することで,活力のある授業・達成感のある学校生活を創造してまいります。
本年度も皆様のご支援ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

EDIT  |  08:15  |  学校長より09  |  Top↑